• Takeshi Goto

コーチングを選んでよかった


先日私の母の誕生日と義兄さんの父の日、そして以前実家でホームステイをしていたアメリカ人の彼の誕生日のお祝いをしました。一同に会するのは久しぶりで孫ができ、パートナーができたりと人も増えて楽しい時間を過ごしました。

その時間を過ごしたあと、なんとも心温かくもあり幸せな気持ちがでてきたとき、

「あー、コーチングという職業を選んでよかったな」と思いました。

実のところ、私は家族に対してそれほど思い入れは強くありませんでした。

コーチとして独立したときも、

「自分の腕も磨いて究めたい」

「より多くのお金を稼ぎたい」

「人の役に立ちたい」

そんなことを考えていました。

人の役に立ちたいのは、身内ではなく外側にいる他人に対してです。

しかし、コーチングをし続けていると

「自分がどんな特徴を持った人間なのか?」

そんなことを考えようになるのです。

(なぜそうなるのかは今回は端折りますね)

その特徴が形成されるのには、

これまでの人生でどんな人や出来事と出会い、経験をしてきたのかを

振り返ることになります。

そうなるとどうしても自分の家族は避けては通れません。

自分が家族に対してどんな思いや気持ちがあるのか。

どんな出来事が影響しているのか。

私の場合、家族の人は「応援してくれない」、

「あてにはしない」とういような好意的ではない感情がどこかありました。

しかし、自分はどんな特徴を持った人なのかを突き詰めてみると、

今の自分があるのは家族が大きく影響していて、それに対して

感謝の気持ちが湧いてくるのです。

好意的ではない気持ちの奥に、感謝の気持ちがあったことに

気づいてはいたものの、素直に出せていたなかったとうのが

正しい言い方でしょうか。

素直に出せたことで、家族との時間が楽しいと心から感じられるようになったのは、

本質的な変化だと思います。

世の中にはコーチング学ばなくても、別の経験からその境地に辿りつく人や、

そもそもすでにその境地にいる人もたくさんいます。

ただ私にとっては、コーチングを学んだことで

自分を見つめ直し、振り返り、自分を知り、

その境地に立てたのです。

いまはその境地に立てたことを嬉しく思います。

何のためにコーチングをしてるのか?

これは一つこの問いに対する答えのような気がしました。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示