• Takeshi Goto

気合の入った料理

東日本大震災の時に当時働いていた銀座の街に人がいなくなりました。自粛ムードもあり外出は控える人が増えていたので街のレストランは開店休業状態。仕方のないことだと思いつつ困ったなと思っていたのですが、そんな時にあえて来店してくるお客さんがいました。その店の常連です。その方達曰く「こういう時にこそお店に来て貢献しなきゃね」と。そんなことお客さんから言われればお店の人間も気合が入ります。なるほど〜と感心したし私もお客さんを待つ側として嬉しかった経験でした。


一昨日久しぶりに家の近くの美味しい魚を出してくれるお店のランチに行った時にお店の大将と話していて「いやーお客さん全然来なくって困ってね」と聞いてそれを思い出しました。確かにお客さん少ない。当時もこんな感じだったなと。

そして「また来ますよ」と行ってお店を出ました。


そして昨晩、仕事終わったのが21時近かったのですが思い立って奥さんと二人でそのお店に行ってきました。前日にまた来ますと言っていたお客さんが早速来たらお店の人は喜んでくれます。そしてそんな人が作る料理は当然美味しいです。他のお客さんいないので注文してすぐに出てくる。こういう時こそお店に行くのはありですね。久しぶりに気合の入った料理を食べました。いやー美味かった!





2回の閲覧

Hospitality & Coaching

  • Facebook クラシック
  • Facebook Social Icon

Copyright © Hospitality & Coaching All Rights Reserved