• Takeshi Goto

コーチングって何だ?

私が学び、ファカルティ(トレーナー)として伝えているコーアクティブ・コーチングとは何か?という質問に対してさまざまな表現ができますが、最近私は「人間味を使ったコミュニケーション」だと思うようになってきました。


私自身これまで、人材開発の「ツール」、プロコーチという「職業」、1on1などの「ビジネススキル」としてと思いながらコーチングを生かし使って伝えてきました。今でもその通りだと思っています。


それと同時に自分の人間味を使って人と自分に充実感と幸せを生むコミュニケーションなんだと思うのです。自分と誰かがいればそこにコミュニケーションが生まれます。それによって相手の潜在能力が発揮されたり、思いもよらなかった新たな発想が生まれたりして、こちらも嬉しい気持ちになったり、新たな可能性を感じてワクワクしたり、生き生きとしてきたりして、充実感が得られます。そして充実感は相手にも生まれます。


このようなコミュニケーションは、ツールや職業として価値のあるものだと実感していますが、コーアクティブコーチングはそれだけではないなと思うのです。


コーアクティブコーチングは、好奇心や直感、在り方など誰にでもあるものであり、その人固有の感覚やイメージを使う会話で、その使われる要素は、その人のらしさであり、それは人間味の部分とも言えるのではないかと思うのです。


人間味は誰にでもある訳ですから、誰にでも使えるものですし、どこでも使えるものだと思うのです。いつでも誰とでも人間味のあるコミュニケーションを使うことで、相手も自分も充実感や幸せな気持ちになれるのであれば、たくさんの人が使えるようになったほうが世の中が平和の方向に進むのではないかと思うのです。


これまでたくさんの学ぶ人たちと出会ってきて、その人たちがツールや職業として身につけることを目的として学んでいるのを見てきました。結果的に、その目的を達成することに留まらずに、これまであまり意識して使っていなかった自分の中にある人間味を使い始めるようになっていきます。それによって相手の人間味、らしさが表出していく。そんな人間味が連鎖していき、そんな世界が創られているのです。


そのような光景に出会ってみると、より多くの人にコーアクティブコーチングを使って欲しいと願うのです。








0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示